NPO山梨家並保存会について

内閣府認定の特定非営利活動法人です

NPO法人 山梨家並保存会は、山梨県民及びここを訪れる人々に対して、山梨らしい歴史的な景観の保全に関する事業を行い、人々がここにしかない美しい町の原風景に気づき、誇りを持って守り育てていく文化を興すことに寄与することを目的とした、内閣府に認定された特定非営利活動法人です。

内閣府のWebサイトに掲載されているページ

「美しい甲州を学び、伝え、創る」活動

山梨家並保存会がまず「美しい甲州を学び、伝え、創る」活動のフィールドとして選んだのが、甲州民家の家並みが残る上条集落です。この素晴らしい景観を次世代に受け継いでいくために、「重要伝統的建造物群保存地区」として指定を受けるべく、さまざまな活動をしてきました。その中心となるのが、上条集落の古民家を体験施設「もしもしの家」として改修し、情報発信や視察や体験活動の場として活用することです。

活動をしていくにつれ、上条集落の素晴らしさが世に知られるところとなり、2015年に重伝建指定を受けることができました。依頼、甲州民家情報館を「農泊」体験施設として位置づけ、農山村の生活や文化を都会や外国人観光客のみなさんにさらに多く体験していただけることをめざしています。

「美しい県土づくり大賞」を受賞

山梨県は美しい景観づくりの機運を高める目的で、平成25年2月1日(金)に甲府で第2回美しい県土づくり推進大会を開きました。市町村や民間団体などの関係者約300人の出席する中、景観づくりに貢献した団体としてNPO山梨家並保存会ほか2団体が美しい県土づくり大賞(活動賞)を受賞しました。

定款と活動報告書

以下のように内閣府に定款と活動報告署を提出しています。

定款

平成28年度事業報告書

平成27年度事業報告書

平成26年度事業報告書

連絡先

NPO法人 山梨家並保存会

山梨県甲州市上於曽1990番地

tel 0553-32-4748